岡田晴恵教授 新型コロナ感染拡大に「ワクチンができるまでは、なるべくかからないようにするしか…」

[ 2020年4月5日 13:15 ]

TBS社屋
Photo By スポニチ

 感染免疫学、公衆衛生学を専門とする白鴎大学教育学部の岡田晴恵教授が5日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に出演。新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大していることに言及した。

 岡田氏は「新型のウイルスでございますので、世界77億人口おりますけど、この人たちがワクチンか、もしくは罹(り)患するかして免疫を持つまでは流行は止まりませんので、これは序の口でございます」と指摘。

 その上で「これくらい指数関数的に増えていってしまうから、それを止めるためには人の動きを止めるしかない。で、人の動きを止めるってことは経済だとか、人身的なパニックだったりだとか、そのはざまで今大変なことになっている。ワクチンができるまでは、なるべくかからないようにするしか、これしかない」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月5日のニュース