松本人志 志村さんの役作りを紹介 「膝ず~っと触ってました」

[ 2020年4月5日 10:54 ]

「ダウンタウン」の松本人志
Photo By スポニチ

 ダウンタウンの松本人志(56)が5日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(前10・00)で、新型コロナウイルス感染による肺炎のため70歳で死去したタレント・志村けんさんの“役作り”について紹介した。

 「オレも“バカ殿”1回出演して…」と共演時のエピソードを披露。「本番以外は、ず~っと渡辺美奈代を横において、膝ず~っと触ってました」と明かした。

 MCの東野幸治(52)が「あれ、空気をつくるためなんです。本番で美奈代ちゃんが突っ込むからね。気を遣って敬語で突っ込まれたら嫌やから、あえて自分(の立場)を下にしてイジられてる」と解説。

 「僕も(バカ殿に)行った時に(志村さんは)美奈代ちゃんのお尻を触っててパーンって、やられてたんですよ。オレ、ビックリして」と振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月5日のニュース