永野芽郁「泣いている感覚が…」演技で驚きの体験 TOKIOうなる「言ってみたい」

[ 2020年3月5日 12:21 ]

永野芽郁
Photo By スポニチ

 女優の永野芽郁(20)が4日放送のフジテレビ「TOKIOカケル」(水曜後11・00)に出演。泣く演技をした瞬間に自分でも驚く体験をしたことについて語った。

 この日、番組では女優としての「スイッチのオンとオフ」についてトーク。永野は「オンにするときは『本番!』って言われてからなんです。終わった瞬間に、またオフに戻ります」と明かし、涙を見せるシーンについては「ちっちゃい(子役の)時から泣く演技は苦手じゃなかった」と話した。

 続けて、泣く場面の撮影が多かったという、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」に出演していた時のことを回顧。「泣いている感覚がなくて、カットがかかった時に『え?泣けてました?』って聞いたら(スタッフが)『泣けてたよ』みたいな」と、自然と役の感情に入り込んで知らないうちに泣けていたと言い、「悲しかったら“悲しい”って思ってるんですけど、それが涙につながっているかは(自分では)分かっていなかった」と振り返った。

 これを聞いたMCを務めるTOKIOのメンバーたちは「うわー!カッコいいよ!言ってみたいね」「すごいよ!」などと感心の様子。松岡昌宏(43)は「これから彼氏ができた時にちょっと喧嘩しただけで、(涙を)ポローンと流せちゃう」と感情の豊かさを絶賛していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年3月5日のニュース