東京事変 5公演を急転中止 先週末に東京2公演を強行開催も…

[ 2020年3月5日 05:30 ]

公演中止を発表した東京事変
Photo By 提供写真

 椎名林檎(41)がボーカルを務める「東京事変」は公式サイトで5公演の中止を発表。6日から21日までの間に大阪、仙台、札幌の3都市で開催する予定だった。

 東京事変は2012年の解散日と同じ2月29日に、東京・有楽町の東京国際フォーラムで8年ぶりの公演を決行。感染の拡大阻止へ政府が大規模イベント自粛を呼びかけた直後だったことから、否定的な意見もあった。

 翌3月1日も、同じ約5000人収容のホールで公演。この2公演後、メンバー、スタッフと協議をして「現在の国内の状況に鑑み、中止することといたしました」と説明した。

 公演の決行から一転、中止にした背景には何があったのか。本紙の取材では、東京公演開催が報じられてから、公演の主催者に苦情が相次いだ。音楽関係者によるとその後、東京事変とは直接関係がない各レコード会社やイベント会社にも「ライブをやると子供が行ってしまう。どうか控えてほしい」と親世代などから懸念を示す意見が多く届いた。また中止になった大阪公演を巡っては、吉村洋文府知事のツイッターに「ライブを止めて」「今の状況でのライブ開催は危険」などと中止・延期を望む意見が続々と寄せられていた。音楽関係者は「自粛を求める声が高まっていったことで、中止せざるを得なかったのではないか」とした。

 東京事変の公演を巡っては、X JAPANのYOSHIKIが名指しを避けながらツイッターで「今このタイミングで、コンサートを行う行為、および参加は、危険な行為だと思う…全ての人々に対して」と投稿していた。中止によりチケットは払い戻しとなる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年3月5日のニュース