下関シネコン 新型コロナ感染者来場で呼びかけ 6日まで営業中止

[ 2020年3月5日 16:19 ]

 全国に展開するシネマコンプレックス「シネマサンシャイン」は4日、山口県下関市にあるシネマサンシャイン下関において、新型コロナウイルスの感染者が同劇場を訪れ、映画を観賞していたことを公式サイトで明らかにした。

 感染者が観賞していたのは、映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」で、2月22日の午後0時45分の回での観賞だったという。

 「この連絡を受けまして、シネマサンシャイン下関は3/4(水)の15:10以降の上映回から順次営業を休止し、下関保健所のご指導の下場内及び共用部の消毒作業に入ります」とし、感染者の来場から2週間となる6日まで営業を中止する。

 同時間に同映画を観賞した客に対し、保健所への連絡を呼びかけている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年3月5日のニュース