中川大志 自ら演じ学んだパラ選手の挑戦「環境が整えばいいなと」

[ 2020年3月5日 07:00 ]

(前列左から)眞田卓、猪狩ともか、乙武洋匡、上山友裕、エンヒッキ・松茂良・ジアス(後列左から)鈴木徹、高橋みなみ、吉沢悠、恵俊彰、中川大志、高畑百合子アナウンサー
Photo By 提供写真

 俳優の中川大志(21)が4日、都内でBS―TBS「パラスポーツが世界を変える~2020から未来へ~」(13日後9・00)の収録に参加した。

 パラアスリートの素顔に迫るスポーツバラエティー。14日放送の同局ドラマ「左手一本のシュート」で障がいを抱えながらバスケットボールに打ち込む主人公を演じており「障がい者がスポーツに挑戦するのは凄く覚悟がいることだと学んだ。挑戦しやすい環境が整えばいいなと思いました」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年3月5日のニュース