キムタク「BG」が帰ってくる!今度は一人で任務遂行「自分なりにどう楽しみ、どう伝えていくか」

[ 2020年3月5日 05:00 ]

「BG~身辺警護人~」に出演する(左から)仲村トオル、勝村政信、菜々緒、木村拓哉、斎藤工、間宮祥太朗、市川実日子
Photo By 提供写真

 俳優の木村拓哉(47)が4月16日スタートのテレビ朝日連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(木曜後9・00)で、再びボディーガード役を演じる。

 2018年に放送された同名ドラマの続編。前作では民間警備会社の一員として任務を遂行するボディーガードの姿を描いたが、今作では木村演じる主人公・島崎章が利益優先の会社を辞めて独立。個人対組織の戦いを描く。

 木村は「会社に属したキャラクターではなくなることで、描く世界観の形態が多少変わってきている」と見どころをPR。クランクインに向けて「自分なりにどう楽しみ、視聴者の皆さんにどう伝えていくか。いろいろ考えながら、これから始まる現場での作業を心待ちにしているところです」と意気込んだ。

 テレビ朝日の木曜9時枠といえば、米倉涼子(44)主演の「ドクターX」や天海祐希(52)主演の「緊急取調室」など、人気シリーズ作品の多い同局看板枠の一つ。木村は「内容や世界観をつくって、継続する意味を持たせないと、他のシリーズ作品に失礼」と、台本を作る段階からスタッフや他のキャストを集めて会議を行うなど、並々ならぬ気合の入れようだ。

 木村の主演ドラマのシリーズ化は、フジテレビ「HERO」以来。同作では木村が型破りな検察官・久利生公平を演じ、映画2作も公開された。「BG…」で演じる島崎章も久利生に並ぶ木村の当たり役となるのか、期待が高まる。

 《警備会社買収の社長 新たな敵に仲村トオル》前作で木村の同僚を演じた斎藤工(38)、菜々緒(31)、間宮祥太朗(26)らは続投。今作から新たに仲村トオル(54)、勝村政信(56)、市川実日子(41)が出演する。仲村は主人公らが所属していた警備会社を買収した大会社の社長で、最大の敵として立ちはだかる。木村も「新たなストーリーを構築していく上で必要なダークサイドを仲村トオルさんが演じてくれるのは心強い」と期待を寄せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年3月5日のニュース