マッチョきれいな椿原愛 走り幅跳びで国体や総体出場「アクション挑戦したい」

[ 2019年12月2日 05:30 ]

インターハイ出場経験があり、筋肉質の肉感ボディーが魅力の椿原愛
Photo By スポニチ

 「和製ミランダ・カー」の異名を持つタレントの椿原愛(27)が、肉感ボディーで注目を集めている。高校時代に走り高跳びで国体やインターハイにも出場したスポーツウーマン。「華奢(きゃしゃ)じゃなくて、筋肉が残っている体をアピールできれば」と話している。

 最近では「週刊プレイボーイ」で日本人離れした迫力ある姿を披露して話題となった。今夏はテレビ朝日「セミオトコ」で連ドラデビュー。「ジャンプ力は凄いし、運動神経は芸能界屈指では」の指摘もあり本人も「アクションにも挑戦したい」と意欲満々。「ドラマやバラエティー、グラビアでも活躍できるカッコいいタレントになりたいです」とほほ笑んだ。

 ◇椿原 愛(つばきはら・あい)1992年(平4)5月26日生まれ、富山県出身の27歳。高校時代に走り高跳びで富山県1位に。21歳でモデルデビュー。その後、グラビアアイドルとして活躍。1メートル65、スリーサイズは88(Fカップ)・60・90。血液型B。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月2日のニュース