KARA元メンバー・ギュリ 天国のハラさんへメッセージ「ゆっくり休んで」

[ 2019年12月2日 17:17 ]

元KARAのパク・ギュリ
Photo By スポニチ

 韓国ガールズグループ「KARA」の元メンバーで歌手のパク・ギュリ(31)が2日、自身のインスタグラムを更新。ともに「KARA」として活動し、11月24日に亡くなったク・ハラさん(享年28)を悼むコメントを投稿した。

 ギュリは「1週間が過ぎた。一日一日がどう過ぎて行ったから分からない、時間は無情にも流れていった。人に大丈夫?と聞かれても何て答えていいかわからなくてずっと家にいた。頭の整理がつかなかった、ただ真っ白で。正直言うと、一人で祈りたかったけど、あなたに届かなくても、私がこうやって表すことで、1人でもあなたのために祈りを捧げることができたなら、あなたに届くんじゃないか」と複雑な心情を吐露。「私はまだ何がなんだか分からない。現実感もなくぼんやりしている」「あなたが知っている私はこんなんじゃないのに」ともつづり、「お互いの弱さを認めあえたら、少しはあなたの慰めになれたのかな。したい話がいっぱいある。姉として、ごめんね、愛してる、ごめんね、大好き。ハラ、ゆっくり休んで」と悼んだ。

 ハラさんの告別式は11月27日にソウル市内でしめやかに営まれ、遺族や親族、親しい関係者らが最後の別れを告げた。関係者によると、前日に営まれた家族葬には、KARAのメンバー全員やタレント仲間の姿もあったという。

 ハラさんの死亡現場となった自宅には身辺を悲観するようなメモが残され、地元警察は自殺と断定した。

 11月28日に元メンバーで女優の知英(ジヨン、25)がインスタグラムで「自分自身を愛してください。でも、私がごめんね。本当に今までありがとう。ご冥福をお祈りします」と追悼。歌手のスンヨン(31)も同30日に「また会う時まで、ゆっくり休んでいてね。また会った日に、愛していると伝えるよ」。歌手のホ・ヨンジ(25)も1日に「空で明るく輝いている姉さん。愛しています。忘れない、ずっと祈ってます」とそれぞれ投稿した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月2日のニュース