志らく 高速道路の逆走車による事故に「気が付いたとしても果たして…」

[ 2019年12月2日 12:06 ]

落語家の立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(56)が2日、コメンテーターを務めるTBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。群馬県渋川市の関越自動車道で、無職の男性(80)が運転する軽乗用車が下り車線を逆走して乗用車と正面衝突し、搬送先の病院で死亡が確認されたことに言及した。

 乗用車を運転していた同県沼田市の会社役員の男性(74)が足や胸を打って重傷、同乗していた会社役員の女性(72)も胸などを打つ軽傷を負った。2人は命に別条はないという。

 志らくは「やっぱり(逆走に)気が付いてなかったんでしょうね」と言い、「だから巻き込まれてしまったご夫婦、本当に気の毒ですね。こうなった時に、気が付いたとしても果たして路肩に寄せるだけで危機を逃れることができるかっていう…Uターンすることもできないし、相当これは考えさせられます、こんな時にどうしたらいいんだろうって」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月2日のニュース