清原氏、息子たちとの再会後押しした元妻に感謝「普通だったら悪口を…」

[ 2019年12月2日 20:01 ]

清原和博氏
Photo By スポニチ

 16年に覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けた清原和博氏(52)が2日放送のフジテレビ「Live News it!」(月~金曜後4・50)にVTR出演。元妻でモデルの亜希(50)への率直な思いを語った。

 清原氏は亜希との間に2人の息子が誕生するも、15年に離婚を発表した。自身の逮捕を機に息子たちとの交流も途絶えたが、亜希の計らいもあり、約3年半ぶりに再会したという。その際を「やっぱり息子たちに会えたのが大きかったですね。それで一気に元気が出た」と回想。「自分はゴメンな、としか言えなかったけど、なんともいえない笑顔で迎えてくれて、それでキャッチボールをしたのは一生忘れない。すごい2人の息子に力をもらっていますね」としみじみ話した。

 絆の復活を後押ししてくれた亜希について、「ああいう風に(息子を)送り出してくれた元妻にも感謝しています。普通だったら悪口をいっぱい言ってもおかしくないじゃないですか。そういうことも一切言わなかったと息子たちに聞いたんで」と感謝した。亜希が「頑張っている人の背中を押す、それが私の仕事なんだと思った。彼は罪を犯しました。けれど今の姿を応援したい」と清原氏について語るコメントも紹介された。

 前日12月1日、清原氏は東京都内で少年・少女向けの野球教室を主催、息子の激励メッセージ入りのTシャツをサプライズで贈られ感涙した。野球教室終了後、同番組の取材に応じた清原氏は、「うつ病がひどかったときは、感情なんか涙も出てこなかったし。死ぬことも考えたりしましたけど。生きていてよかったです。1回立ち止まって心の整理してまた前に進んでいきたいと思います」と誓っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月2日のニュース