「芋たこなんきん」藤山直美 田辺聖子さん悼む「大変驚き、淋しく思っております」

[ 2019年6月10日 16:35 ]

藤山直美
Photo By スポニチ

 作家の田辺聖子さんが6日午後1時28分、胆管炎のため神戸市内の病院で死去した。91歳。田辺さんが原案を担当したNHK連続テレビ小説「芋たこなんきん」でヒロインを務めた女優・藤山直美(60)は10日、松竹を通じてコメントし、「大変驚き、また、淋しく思っております」と悼んだ。

 「田辺先生の突然の御訃報にふれ、大変驚き、また、淋しく思っております。NHKのドラマで聖子先生のお役をさせて頂きました事は私の中では感慨深い思い出になりました。ご冥福を心からお祈り申し上げます」

 2006年10月期に放送された「芋たこなんきん」は、田辺さんの半生とエッセー集をベースに描かれたホームドラマ。藤山が田辺さんをモデルにしたヒロイン・花岡町子役を演じた。田辺さんは同年9月に行われたドラマの試写会で、「直美さんがかわいいこと。私はあんなにかわいくなかったから」と藤山の演技について笑顔で話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年6月10日のニュース