「ポツンと一軒家」 関西でも過去最高&大台超え21・4%

[ 2019年6月10日 14:38 ]

テレビ朝日「ポツンと一軒家」のMCを務める所ジョージ(右)と林修
Photo By スポニチ

 9日放送のABCテレビ・テレビ朝日系「ポツンと一軒家」(日曜後7・58)の関西地区・平均視聴率が過去最高の21・4%を記録。週間視聴率もNHK連続テレビ小説「なつぞら」(8日、19・5%)を抑え、関西地区1位となった。関東地区も初めて20・3%を記録した(数字はビデオリサーチ社調べ)。

 所ジョージ(64)が司会、林修(53)がパネリストを務め、日本各地の人里離れた場所にポツンと存在する一軒家を制作スタッフが訪れ、住人のドラマを伝える番組。9日は宮崎県南西部の山奥の一軒家を訪ね、老夫婦にスポットを当てた。同局制作プロデューサーは「これからも変わらず、番組作りを続けていきます」と話している。

 9日同時間帯の読売テレビ「世界の果てまでイッテQ!」は12・2%(関東地区15・0%)、毎日放送「サッカー・キリンチャレンジカップ2019、日本代表対エルサルバドル戦」は11・2%(同13・8%)、関西テレビ「でんじろうのHTE実験」は6・4%(同5・2%)、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」が6・0%(同6・7%)、テレビ大阪「地球ぐるり!日本―北米2000km最新型!自動車船に乗せてもらいました」が5・2%(同5・9%)だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年6月10日のニュース