あいみょん 石原さとみ主演ドラマで主題歌担当、予測不能な世界観表現

[ 2019年6月10日 04:00 ]

「Heaven?~ご苦楽レストラン~」の主題歌を歌うあいみょん
Photo By 提供写真

 シンガー・ソングライターのあいみょん(24)が、石原さとみ(32)主演のTBSドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」(火曜後10・00、7月9日スタート)の主題歌を担当することになった。タイトルは「真夏の夜の匂いがする」。ドラマのコンセプトである「予測不能」な世界観を表現してほしいというオファーを受け、書き下ろした。

 石原とは今年1月放送の同局の音楽番組「ミュージック☆ヒーロー」で共演。この収録翌日、石原があいみょんの全国ツアーの最終公演に祝福に駆けつけている。

 あいみょんは「また一緒に何かできたらうれしいなと思っていたところにお話を頂いて純粋にうれしく思いました」と感激。石原は「人間的魅力が先行している感じがして、いつか友達になりたいとひそかに願っています」と、このタッグを機に友人関係に発展する可能性もありそうだ。

 疾走感あふれるサビが印象的なナンバーで、瀬戸口克陽プロデューサーは「ドラマに本当にピッタリのワクワクする素敵な曲でした」。7月24日にシングルで発売される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月10日のニュース