小林麻耶、生島ヒロシ事務所での芸能活動再開を報告 経歴にも「ご縁感じる」

[ 2019年6月10日 14:11 ]

小林麻耶
Photo By スポニチ

 昨年8月に所属事務所を退所し、芸能界引退が報じられていたフリーアナウンサーの小林麻耶(39)が10日、自身のブログを更新。元TBSアナウンサーの生島ヒロシ(68)が会長を務める芸能事務所「生島企画室」に所属することを発表した。

 「事務所に所属し仕事をしたいと思いながらお茶をしていた時、偶然目の前を通られたのが生島ヒロシさんでした」とし、生島の著書に書かれていた「悲しみを忘れたことはないし、悲しみが癒えることはきっとない。でも、残された僕たちは、突然人生の幕を下ろされてしまった彼らの命も背負って、全力で生きていく」との言葉を記載。その上で「生島企画室で仕事再開出来ること感謝致します」とつづった。

 TBSの局アナからフリーに転身した経歴についても触れ「ご縁を感じています」と麻耶。最後は「今までお世話になりましたセント・フォースさんに心から感謝しています」とかつての所属先へ謝意を示した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年6月10日のニュース