崔監督、未唯mie ロックの日に裕也さん追悼「野蛮なインテリ」

[ 2019年6月10日 05:30 ]

1982年、クランクインした映画「十階のモスキート」の撮影現場風景。中央が崔監督、右が内田裕也さん
Photo By スポニチ

 崔洋一監督(69)と未唯mie(61)が「ロック(6・9)の日」の9日、東京・池袋の新文芸坐で開催中の「追悼 内田裕也 スクリーン上のロックンロール」でトークショーを行った。

 3月17日に79歳で亡くなった裕也さんを映画でしのぶイベント。若松孝二監督の「水のないプール」と小谷承靖監督(83)の「コールガール」(ともに82年公開)で共演した未唯mieは「ソロになって初めての映画が『水のないプール』でしたが、裕也さんは紳士的で、お姫さま扱いしてくれました」と述懐。

 83年に裕也さん主演の「十階のモスキート」でデビューした崔監督は「野蛮なインテリ。プロデュース力が凄かった」と振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年6月10日のニュース