東国原英夫 タクシードライバーの高齢化に「人の命を預かる仕事。基準を…」

[ 2019年6月10日 13:27 ]

東国原英夫
Photo By スポニチ

 元衆院議員でタレントの東国原英夫(61)が10日放送のフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演。高齢のタクシードライバーについて言及した。

 番組では、タクシーの交通事故の65・5%が60歳以上のドライバーだというデータなどを紹介。

 東国原は「人の命を預かる仕事は制限が必要。基準などを決めてほしい」と自らの見解を示し、車に安全装置つけることの義務化や免許更新時の検査などを提案していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月10日のニュース