黒柳徹子「徹子の部屋」開始時に出した“3つの条件”とは

[ 2019年4月28日 11:08 ]

黒柳徹子
Photo By スポニチ

 女優の黒柳徹子(85)が26日放送のTBS「A-studio」(金曜後11・00)に出演。トレードマークでもある“タマネギ頭”の誕生秘話や、番組作りへのこだわりを明かした。

 MCの笑福亭鶴瓶(67)から「いつからその頭なんですか?」と問われると「ニューヨークに行った時にこの頭にして…」と38歳の頃にニューヨークの演劇学校に留学した時がきっかけだと振り返った黒柳。当時ニューヨークでも名が知られていたヘアスタイリスト・須賀勇介氏にその特徴的なヘアスタイルを手掛けてもらったことを明かし「『エリザベス・テイラーも須賀にやってもらったら?』っていう書き込みがあったぐらい有名だった」と世界的大女優の名前を挙げつつ、須賀氏の偉大さを語った。

 さらに、自身が司会を務めるテレビ朝日「徹子の部屋」(月~金曜正午)についても言及。番組を始める3つの条件として「スタッフを変えないことっていうのを1番最初に挙げた」。理由については「私の性格を飲み込んで頂かないといけないので」。さらに「できるだけ番組を長くやる」「編集をしない」といった番組作りへのこだわりを明かした。また、打ち合わせについては、スタッフとの旅行先でも行うといい「飛行場でやって、飛行機の中でもまたスタッフに隣に座ってもらって…」とし「打ち合わせしないと生放送の本番はできませんから」と打ち合わせは入念に行うことを明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年4月28日のニュース