指原莉乃、卒コンスタート!早くも目ウルウル?ファンに「泣くな、叫べ~!」

[ 2019年4月28日 17:28 ]

<指原莉乃・卒業コンサート>熱唱するHKT48の指原莉乃(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 HKT48指原莉乃(26)が28日、神奈川・横浜スタジアムで卒業コンサート「指原莉乃卒業コンサート~さよなら、指原莉乃~」に出演した。

 11年のアイドル人生にピリオドを打つラストステージは、指原がアイドルを目指すきっかけを、再現映像で紹介する演出でスタート。17年の選抜総選挙で前人未到の3連覇を達成してセンターで歌った「#好きなんだ」でスタートした。

 指原は、卒業式をイメージした振り袖姿で、「たくさん思い出作りましょう!」というあおりとともに、同じく振り袖姿のHKT48メンバー57人とともに登場。場内のいたるところから大歓声が上がった。続く「ロックだよ、人生は…」では、早くも目を潤ませながら「あれれ、皆さん、泣いちゃってるんじゃないですか? これからです。泣くな、叫べ~!」と絶叫。巨大なゴンドラに乗って場内を1周した。

 自身の卒業コンサートの演出について、指原は「私の(コンサートの)場合は、びっくりするような楽曲はいらなくて、自分を応援してくれていたファンの方々が見たいものを考えました」と語っていた。その言葉通り、その後は、「早送りカレンダー」、「スキ!スキ!スキップ!」など、親しみやすいHKT48コンサートの定番曲で畳み掛けた。

 48グループが生んだ最強のバラエティーアイドルに、ファンは場内に「アイドルになってくれてありがとう 卒業しても、それでも好きだよ」とイメージカラーの黄色を基調にした横断幕が掲げ、感謝した。この日は3万800人のファンが訪れた。3万枚のチケットは売り切れたため、主催者は急きょ800席を追加販売して対応した。

 晴れの舞台を前に、指原はこの日、何度もツイッターを更新した。朝には「青い空には雲は1つもない」と、すっきりした横浜の青空の写真とともにツイート。開演直前には「しゃーーー! 行きます! そしてはなちゃん泣きすぎイ!」と、目を赤く晴らした松岡はな(19)の写真とともに、大一番に臨む気合をつづっていた。

 指原は卒業後の5月28日に、グループの地元福岡・マリンメッセ福岡で「指原莉乃11年ありがとう!大感謝祭」を行う。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年4月28日のニュース