指原莉乃、仲間と涙の熱唱 卒コンで自身が考えた思い出ソング披露

[ 2019年4月28日 19:18 ]

<指原莉乃・卒業コンサート>熱唱するHKT48の指原莉乃(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 HKT48指原莉乃(26)が28日、神奈川・横浜スタジアムで卒業コンサート「指原莉乃卒業コンサート~さよなら、指原莉乃~」に出演した。

 指原自身が考えたというセットリストには、AKB48時代の指原にゆかりの楽曲が数多く並んだ。森保まどか(21)松岡菜摘(22)と3人で歌った「愛しきナターシャ」は、指原がAKB48チームB時代に初めてセンターを務めたユニット曲。当時はドリアン指原という架空の人物を演じており、ファンも懐かしそうに「ドリアン」コールを送っていた。

 「Choose me!」もAKB48時代に、週刊ヤングジャンプと週刊プレイボーイの対決コラボ企画で生まれた曲で、指原はチームYJ(ヤングジャンプ)として歌っていた。この日はAKB48峯岸みなみ(26)や、昨年NGT48を卒業した北原里英(27)に加え、ライバルユニットのチームPBだった同期の宮崎美穂(25)も特別に参加し、4人で歌った。当時、高城亜樹と歌っていた「炎上路線」は、柏木由紀(27)とデュエットしていた。

 夕暮れ時が迫ると、屋外コンサートの定番曲「夕陽を見ているか?」のイントロが流れた。指原は「今の私がいるのは、この子たちがいたからです。大切なこの曲を歌います」と曲紹介。本村碧唯(21)らHKT48の1期生や、HKT48からAKB48に移籍した中西智代梨(23)、SKE48に移った谷真理佳(23)らと肩を抱き合いながら、涙を流して歌った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年4月28日のニュース