「ジブリ」鈴木敏夫氏、宮崎駿監督新作は完成まで「あと3年」 公開日決めないワケ

[ 2019年4月28日 09:08 ]

「スタジオジブリ」の鈴木敏夫プロデューサー
Photo By スポニチ

 「スタジオジブリ」の鈴木敏夫プロデューサー(70)が28日、日本テレビ「シューイチ」(日曜前7・30)にVTR出演。宮崎駿監督(78)の新作長編映画制作の進捗状況などについて明かした。

 宮崎監督は13年9月に長編映画の製作から引退を表明したが、17年2月の米国イベントで鈴木氏が新作の製作を明言。この日は、その製作状況について「3年前の夏にスタートして、いよいよ絵コンテが完成しそう。まもなくです」と明かした。

 ただ、完成時期については「ここからあと3年ぐらいですかね」とも。また「今回、公開日を決めてない」といい、その理由としては「期限を決めると、人間てサボりたくなるでしょ。間に合わさないといけないから。それを許さない。だから期限を作らない」と説明。その上で、プロデューサーの立場から「そうしたら、どういうものができるだろうか。すごいものを見てみたいですよね」と期待も込めて話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年4月28日のニュース