獅童 4回目超歌舞伎で初音ミクとのコラボお披露目 8月専門劇場での“共演”心待ち

[ 2019年4月28日 05:30 ]

初音ミクとコラボした中村獅童(C)超会議
Photo By 提供写真

 歌舞伎俳優の中村獅童(46)が27日、千葉・幕張メッセで開催中の「ニコニコ超会議2019」で、超歌舞伎「今昔饗宴千本桜」を上演した。

 今年で4回目となる超歌舞伎は、バーチャルアイドルの初音ミクとコラボすることで話題を呼んでいる。8月には京都・南座で1カ月の超歌舞伎公演もあり、「ニコニコ超会議から始まったものを、歌舞伎の専門劇場の南座でできることに大変喜んでいます」と心境を明かした。

 歌手の小林幸子(65)も高さ3.5メートルの豪華衣装でイベントに参加した。“オタ芸”で盛り上がる観客の前でボーカロイド曲「千本桜」を披露し「平成最後のラスボスはいかがでしたか。また令和でお会いしましょう」とステージを後にした。今年でデビュー55周年。「昭和、平成、令和と、これからも変わらずに歌手であり続けます」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月28日のニュース