鈴木奈々始球式で試合開始遅れ…スポンサーが謝罪「準備・説明不足を深く反省」

[ 2019年4月28日 14:24 ]

<楽・ロ>始球式を務めた鈴木奈々
Photo By スポニチ

 タレントの鈴木奈々(30)が始球式を務めた、27日の「楽天―ロッテ戦」(楽天生命パーク)の試合開始が遅れたことを受けて、同日の試合のイベントをバックアップした太子食品が28日、公式ツイッターで「皆様にご迷惑をお掛けした事、大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 試合は「タイシデー」と題して、同社がスポンサーとしてバックアップ。イメージキャラクターを務める鈴木が始球式に登場したが、初の大役で緊張のあまり、なかなか投球動作に入れなかったほか、モーションを途中でやめる“ボーク”もあり、試合開始が4分遅れた。

 一夜明けたこの日、同社が公式ツイッターを更新し「タイシデーにご来場下さりました皆様、並びに選手・球団関係者、芸能事務所の皆様、タレント鈴木奈々さん誠にありがとうございました」と感謝の言葉をつづりつつ「そして当日の始球式が遅れ、皆様にご迷惑をお掛けした事、大変申し訳ございませんでした」と謝罪。さらに「私達スポンサーの準備・説明不足であったと深く反省しております」とお詫びの言葉を記した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年4月28日のニュース