関西大学野球リーグ

京都学園大 “最後のエース”川瀬 昨年のリベンジ誓う

 京都学園大(京滋大学)のキーマンは、今秋ドラフト候補の川瀬航作(4年=米子松蔭)だ。右サイドから最速146キロを繰り出す本格派で、今季のリーグ戦は全カードで1回戦に先発。最低限の目標とした「5勝0敗」を達成した。中でも優勝決定までの4試合で32イニングを投げ4四死球という制球力が光る。2年連続出場となる大学選手権だが、昨年は初戦の大商大戦に先発し8回2/3を2失点で敗戦投手。「自分では納得していないし、経験を生かしたい」とリベンジに燃えている。

 学校は19年に創立50周年を迎え、4月から京都先端科学大に校名変更される。「プロを目指してやっているので、どこまでアピールできるか」。京都学園大の“最後のエース”が、勝利につながる快投を披露する。

[ 2018年6月12日 13:32 ]

Webtools & Bookmarks

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:07月21日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム