×

立大連勝 ドラフト候補の4番・山田が2安打2打点で勝利導いた

[ 2022年5月16日 05:30 ]

東京六大学第6週第2日   立大7―3早大 ( 2022年5月15日    神宮 )

<立大・早大>初回、先制打を放ち、一塁へ向かう立大・山田(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 2回戦2試合が行われた。立大は計10安打を放ち、7―3で早大に連勝。勝ち点を3に伸ばして優勝争いに残った。残り1カードで勝ち点1のままとなった早大は、優勝の可能性が消滅した。

 立大は今秋ドラフト候補の4番・山田主将が2安打2打点で勝利に導いた。

 初回1死一、三塁で先制の中前適時打を放ち、4―2の7回にも右翼線への適時二塁打。現役通算最多の安打数を71に伸ばしたが「数字よりも主将ですし、チームの勝利に貢献できるのが一番」と強調した。優勝争いにも残り、次週の明大戦に向けては「冬から優勝を目指してやってきた。連勝して勝ち点を取れるようにやりたい」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月16日のニュース