×

日本ハム・杉浦 新庄監督の助言で5回2失点で2勝目 今季初の4連勝導く

[ 2022年5月16日 06:00 ]

パ・リーグ   日本ハム10―2ソフトバンク ( 2022年5月15日    札幌D )

<日・ソ>先発の杉浦は5回2失点(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 今季途中から先発に転向した日本ハム・杉浦が5回2失点に抑え、2勝目を挙げた。球数は4回までで55球。5回のマウンドに向かう直前、新庄監督から「バッターのタイミングをずらしてみようか」と助言を受けた。一定のリズムだったフォームを変更。クイックを織り交ぜて打者のタイミングを外し、この回を無失点に抑えると、吉田にバトンを渡した。

 初回には柳田に内寄りの146キロ直球をバックスクリーンに被弾。2回は無失点に抑えるも、直球をことごとくはじき返された。序盤から直球はシュート回転気味。捕手・梅林と相談した上で直球に見切りをつけ、カットボール主体に変更したことも奏功した。

 今季の先発は4試合目。1イニング限りが多い抑えとは違い、長い回を投げるために試合中の対応も求められる。指揮官の助言を最大限に生かして、今季初の4連勝に導いたが「2勝とも大量援護があった。まだまだ全然貢献が足りない」と気を引き締めた。(清藤 駿太)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月16日のニュース