×

中日・根尾 2打席連続タイムリー 2軍戦での“プロ初登板”きっかけに「感覚や気持ち思い出した」

[ 2022年5月16日 05:30 ]

セ・リーグ   中日9-3巨人 ( 2022年5月15日    東京D )

<巨・中>2回、三ツ俣の二塁打で生還し、ナインに迎えられる根尾(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 中日・根尾が敵地の大観衆の前で成長した姿をアピールした。5点差を逆転された前日の嫌なムードを2打席連続適時打で一掃。今季初の4連敗を阻止し、借金転落の窮地も救った。

 「よりチャンスで積極的にいった。しっかり結果出せるようにと思って打席に入った」

 前日は4点優勢の6回1死満塁の打席で追い込まれてから変化球を打たされて投ゴロ。突き放せずに暗転した反省を生かし、好球必打を貫いた。2回無死一、三塁では1ストライクから外角直球を左前打し、今季初打点。3回1死一、三塁でもファウル後の2球目の直球を鋭く右前へはじき返した。

 ホームではナゴヤ球場で体を追い込んでからナイターに臨むのが日課。敵地でもストイックな姿勢は変わらない。試合前はホテルの自室で自重やチューブを使って調整。試合後はすぐに寝る生活だ。

 8日の2軍戦で思い出の甲子園で“プロ初登板”したこともきっかけになった。「高校の時にこんな感じでやってたな…という感覚や気持ちを思い出した」。この6連戦では右翼守備でも強肩を再三披露して球場を沸かせた。複数安打は昨年10月22日以来。「安心感は?」の質問には食い気味に「ないです」と答えた。勝負の4年目。一つずつ確実に首脳陣の信頼を積み重ねていく。(中澤 智晴)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月16日のニュース