×

野村謙二郎氏 広島投手陣はヤクルト・石川の投球を見習うべき ストライク先行の意識を

[ 2022年5月16日 05:30 ]

セ・リーグ   広島5-5ヤクルト ( 2022年5月15日    マツダ )

スポーツニッポン評論家の野村謙二郎氏
Photo By スポニチ

 【野村謙二郎 視点】広島とヤクルト投手陣。周知の通り、前者は先発、後者は救援陣がリーグトップの防御率を誇る。ただ球数には顕著な差があった。初戦が広島174球でヤクルト143球、この日は214球と191球。簡単に言うと、広島の投手はボールから入るケースが多く、逆にヤクルトの布陣はストライクを先行させていたわけだ。

 無論、打たれたくない、抑えたいという心理の中で最善の努力はしているとは思う。ただ、甘くなったら打たれるという思いが強すぎるとボール球を誘発させる。そうなると球数は増え、揚げ句四球を与えて傷口を広げてしまう。そんな場面を幾度となく見てきた。ヤクルト・石川の投球を見習うべきだろう。球威はなくてもストライク先行で好投した。

 黒田博樹が残した言葉をいま一度かみしめたい。打たれることを受け入れて投げる――。それこそが投球の本質。今春キャンプで各チームが方針に掲げた通りストライクゾーンの中で勝負したい。広島投手陣には怖さを知った上でさらに大きく成長してほしい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月16日のニュース