×

【隠しマイク】巨人・原監督 コメント後「どう?雑観くらいになる?」

[ 2022年5月16日 06:00 ]

<巨・中(9)>2回、バッテリーの交代を告げる原監督 (撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 ◎前夜にサッカー日本代表の森保一監督と偶然会ったという巨人・原監督は「名刺交換したよ。攻撃という点では通じるものがあるのかな。どう?雑観くらいになる?」。よく「雑観」(新聞用語でスポニチでは15行程度の原稿)をご存じで…。

 ◎14日の西武戦で楽天・鈴木大が通算100死球を記録。石井監督もNPB通算100与死球だったと聞き「少ないですね。バッターには優しいタイプなんで。厳しいコースには投げないけど、結果厳しいところに行っちゃう」。通算2115三振もうなずけます。

 ◎打線が湿りがちなソフトバンク打線。梅雨が近づいてきたと聞かされた村上打撃コーチは「僕はずっと晴れてますから。梅雨はないですから。晴れやかにいきましょう!」。梅雨がない敵地・北海道の気候と同じでした。

 ◎西武の試合前練習をファンクラブ会員が三塁側の席で見学。熊代がノックを好捕すると、ファンに向かい山田が「拍手お願いします!大(おお)拍手お願いします!」。7学年上の先輩いじりです。

 ◎日本ハム・新庄監督は相手打者を惑わす策を提案。「ユニホームもアンダーシャツも全部ボール模様にしようかな。来年は(優勝を)狙わないといけないから(デザインより)そっちに専念」。公認野球規則によると、打者の目のつくところに位置してスポーツ精神に反する意図で故意に打者を惑わしてはならないそうです。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月16日のニュース