巨人 泥沼9連敗でついに半年ぶり借金生活 不名誉記録を止め、3発7点でも勝てず

[ 2021年10月15日 21:30 ]

セ・リーグ   巨人7―8ヤクルト ( 2021年10月15日    神宮 )

<ヤ・巨>7回無死一、二塁、オスナに3ランを浴びた畠。一塁走者・村上はバンザイ (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は両軍合わせて7本塁打が飛び交った首位・ヤクルト戦(神宮)に7―8で敗れ、球団ワースト13連敗を喫した2017年5~6月以来4年ぶりとなる9連敗。2日のDeNA戦(東京D)で勝ったのを最後に11戦勝ちなしとなり、開幕14戦目を終えた4月10日以来188日ぶりの借金生活に突入した。

 初回に16打席連続ノーヒット中だった坂本に19試合ぶりとなる19号ソロが飛び出して先制。さらに主砲・岡本和は18試合71打席ぶり一発となる39号2ランを放って初回に3点先取と幸先のいいスタートを切った。

 この3点で5日のヤクルト戦(神宮)から連続2得点以下だった球団ワースト2位の不名誉記録を9でストップ。だが、4―2で迎えた6回に自身初の2桁勝利が懸かっていた先発右腕・戸郷がサンタナに同点2ランを被弾して降板。直後の7回には坂本の左前適時打と岡本和の中前適時打で2点を入れて6―4と勝ち越しに成功したが、その裏、3番手左腕・高梨が山田に1点差に迫られる適時二塁打を許すと、1死も取れず降板。ここでリリーフした4番手右腕・畠が最初に打席へ迎えたオスナに3ランを浴びた。

 8回には中田が移籍後3号となるソロアーチを右翼スタンドに放って1点差に迫ったが、そこまで。9回には1死から丸が四球で出塁したが、相手守護神マクガフに岡本和が三ゴロ、代打・中島が中飛で無念のゲームセットとなった。

 巨人はこの日試合がなかった4位・広島とは4ゲーム差に。ヤクルト戦も9月1日の対戦で勝利したのを最後に7戦勝ちなし5連敗となり、9月23日に2差だったヤクルトとのゲーム差は12・5に開いた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月15日のニュース