西武・平良が右足首痛で抹消、辻監督「無理させられない」 増田は疲労を考慮

[ 2021年10月15日 21:47 ]

14日の日本ハム戦で20セーブ目を挙げた平良(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 西武の平良海馬投手(21)と増田達至投手(33)が15日、出場選手登録を抹消された。

 14日の日本ハム戦で、パ・リーグ初の「同一シーズン20セーブ&20ホールド」を達成した平良は右足首の痛みを訴え、病院で検査を受ける見込み。辻監督は「無理をさせられないのでちょっと検査する。そんなに大事ではない」と説明した。

 増田は疲労を考慮されての抹消だが、辻監督は「今年は腹部の違和感で走るのに痛みがあった。早めに検査して何が痛みなのかちゃんと調べてほしい」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月15日のニュース