広島・大瀬良 2年ぶり2桁勝利王手、戦力外の今村の登場曲でマウンド「彼がいたから今の僕がある」

[ 2021年10月15日 05:30 ]

セ・リーグ   広島5ー3DeNA ( 2021年10月14日    マツダ )

<広・D>6回2失点と好投した大瀬良(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・大瀬良が自身2年ぶり5度目の2桁勝利に王手をかける9勝目を挙げた。「特別いい訳ではなかったけど、走者がいても粘り強く最低限の仕事ができたと思う」。4回に単打3本を集められ先制点を献上。3―1の6回1死一、三塁では楠本のゴロを処理後、併殺を狙った二塁送球がそれて追加点を与えるも、6回被安打6、2失点と踏ん張った。

 試合前に戦力外通告を受けた今村とは、同学年で同じ長崎出身と特別な存在だった。今村擁する清峰が高3春の選抜で優勝。その後の夏の長崎大会準々決勝では、その清峰と対戦して大瀬良が投げ勝つなど高校時代からの良きライバルだった。

 この日は今村の登場曲を使用した。「彼がいたから今の僕がある。彼が残してきた功績には到底及ばない。これからも彼の背中を追いかけていきたい」。今季は残り最大2試合の登板が可能。「チームに勝ちがついて2桁を達成できればうれしい」。戦友の思いも背負って残り試合を戦う。(河合 洋介)

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月15日のニュース