巨人・ウィーラーが超美技で戸郷を救う 村上のレフト大飛球をダイビングキャッチ!

[ 2021年10月15日 19:15 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2021年10月15日    神宮 )

<ヤ・巨>3回2死、村上の打球をダイビングキャッチするウィーラー(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 巨人のゼラス・ウィーラー内野手(34)が超美技で初の2桁勝利を目指す先発右腕・戸郷のピンチを救った。

 初回に坂本19号ソロ、岡本和39号2ランで3点先取も戸郷が2回にサンタナ、3回に青木にそれぞれソロ本塁打を浴びて3―2と1点差。戸郷は3回、青木に打たれた後で山田を打ち取り、2死走者なしとして打席に迎えたのは巨人主砲・岡本和と本塁打、打点とリーグ打撃2部門のタイトルを争う村上だった。

 そして、村上が2ボール1ストライクから戸郷の147キロ直球をとらえた打球はぐんぐん伸びて左翼へ。これに猛然と走った左翼手のウィーラーはライン際でダイビングキャッチ。捕球後、勢いあまってファウルゾーンのフェンスにぶつかったが、ボールは離さなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月15日のニュース