阪神 育成の奥山と来季の契約を結ばないことを通達「覚悟はしていました」 今後は未定

[ 2021年10月15日 18:15 ]

9月24日のウエスタンリーグ優勝時、平田2軍監督にウイニングボールを手渡す阪神・奥山
Photo By スポニチ

 阪神は15日、奥山皓太外野手(24)に来季の契約を結ばないことを伝えた。

 支配下登録を目指した2年目の今季は2軍公式戦で33試合に出場し、打率・263、0本塁打、1打点。結果でアピールすることはできなかった。

 奥山は「突然の話だったので驚いていますが覚悟はしていました。育成という立場で自分の面倒を見てくれた平田監督やコーチ、周囲の皆さんに恩返しができなかったというのがすごく悔しいですし、申し訳ないという気持ちが強いです」と振り返った。今後については「野球の道、それ以外の色々なことも含めて、考えていきたいと思っています」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月15日のニュース