DeNA・オースティンが初満弾で「アイ・ラブ・ヨコハマ」 セ初、巨人以外の東京D主催試合で勝利

[ 2021年6月21日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA10―8広島 ( 2021年6月20日    東京D )

<D・広>3回、中越え満塁弾を放つオースティン(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 東京ドームのお立ち台。DeNAのオースティンが「アイ・ラブ・ヨコハマ」と声を張り上げると、一塁側のファンが拍手で呼応した。本拠の横浜スタジアムが東京五輪の準備で使用できず、18日からセ・リーグでは史上初となる巨人以外の球団が公式戦を主催。3戦目で勝利を決めた。

 1―0の3回2死満塁。オースティンが中越えに来日2年目で初の15号満塁弾を放ち「最高の気分。グランドスラムはうれしい」と語った。2安打4打点で打率・335。コロナ下の入国制限で来日が遅れたが、あと4打席で規定打席に達し、いきなり首位打者となる可能性もある。

 5位の広島に1・5ゲーム差。三浦監督は頼りになる助っ人について「常に全力でチームを引っ張っている」と目を細めた。(大木 穂高)

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月21日のニュース