首位に立ってもオリックスは強い ロメロの一発などで「同率」楽天をリード

[ 2021年6月21日 18:52 ]

パ・リーグ   楽天ーオリックス ( 2021年6月21日    楽天生命パーク )

<楽・オ(11)>2回2死満塁、宗の押し出しの死球で生還した三走・安達(右)を出迎えるオリックスベンチ(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 10年ぶり8連勝、そして7年ぶりに首位に立ったオリックスの勢いは、だれも止められない。月曜日の夜にプロ野球で唯一、開催された楽天との「同率決戦」。快進撃を続けるオリックスが序盤に主導権を握った。

 先取点は2回。2死満塁から宗が死球を受け、押し出しで労せず1点を先行した。3回は助っ人パワーが追加点を呼ぶ。1死からロメロが右翼へ3号ソロ。「打ったのは真っすぐ。いい感じで打球が上がってくれて、ホームランになって良かった」。昨年まで楽天に在籍。“仙台凱旋1号弾”に頬が緩んだ。

 先発の竹安も3回に1点こそ失ったものの、無難に前半を乗り切った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月21日のニュース