ヤクルト・川端「本当にうれしい」3年ぶりアーチ、父の日V弾!“打ってね”長男お願いに応えた

[ 2021年6月21日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト2―1中日 ( 2021年6月20日    神宮 )

<ヤ・中>7回、代打・川端が2ランを放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの川端が3年ぶりのアーチで試合を決めた。0―0の7回2死一塁で無失点と好投していた奥川の代打で登場。右翼席に18年7月21日以来の決勝2ランを運び「ホームランの感触を本当に久々に思い出した」と振り返った。

 今季の代打打率・375を誇る切り札は6歳の長男がいる父。「朝に“今日は打ってね”と言われていたので本当にうれしい。ホームランボールは息子にプレゼントしたい」と笑った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月21日のニュース