巨人・原監督の怒りの闘魂に発奮!香月犠打失敗で見逃し三振も松原がV2ランで虎に勝ち越し

[ 2021年6月21日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人2―1阪神 ( 2021年6月20日    甲子園 )

7回2死二、三塁 代打・北條のカウント2-2で高梨から鍵谷に交代を告げる原監督(右は桑田コーチ)(撮影・成瀬 徹)             
Photo By スポニチ

 巨人のお父さんは厳しい。リーグ3連覇という大きな目標に向かっているからだ。原監督が父の日に勝負の鬼と化す。0―0で迎えた6回だ。三塁ベンチ最前列でラバー部分を右手で叩いて怒り、ナインに闘魂を込めた。

 「先取点を取る上において、最善の策を使うイニングだった」

 先頭の北村が安打で出塁。5回無失点と好投していた先発・高橋の代打に香月、代走に湯浅を送った。ダブルでの交代は犠打で確実に送るため。ナインにも“1点を取るぞ”というメッセージを送った。だが香月はバントを失敗した揚げ句、最後は見逃し三振を喫した。「バンッ!」。原監督の右手から衝撃音が響いた直後に打席に入った松原が右越えに決勝2ラン。指揮官も「松原がよく(打った)。湯浅の足を警戒させたことも相手が嫌がった」と目を細めた。

 「巨人の星」の星一徹のような昭和の父親の厳しさと、目線を選手の年齢に下げる令和の接し方でリーグ2連覇。球団SNSの動画にも頻繁に出演し、チームの連絡事項もグループLINEで伝える。時流に乗る一方、この日は「ちゃぶ台返し」のような感情表現でナインを引き締めた。

 2―1の7回2死二、三塁で打者・北條の場面ではカウント2―2で左腕の高梨から右腕の鍵谷に交代する執念継投。打席途中ながら「追い込んだら代える」と予定通りの継投で鍵谷には直球狙いの場面でスライダーを投じさせ空振り三振に斬った。2連勝で首位・阪神との3連戦を勝ち越して6ゲーム差とし「接戦を戦っていく」と見据える。胸にあるのは王者のプライド。虎の独走は許さない。(神田 佑)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月21日のニュース