中日・勝野 7回2死まで無安打投球も「粘りきれませんでした」川端に痛恨決勝被弾

[ 2021年6月21日 05:30 ]

セ・リーグ   中日1ー2ヤクルト ( 2021年6月20日    神宮 )

<ヤ・中>7回2死まで無安打投球を続けた中日先発・勝野(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 中日・勝野は7回2死まで無安打に抑えていた快投から暗転した。宮本に中前打を許した直後、川端に決勝被弾。5敗目を喫し、「粘りきれませんでした。安打を打たれても特に変わらず投げたのですが」と肩を落とした。4カード連続負け越しは今季初。与田監督は「よく投げた。十分」と評価し、「もっと早くに点を取れていれば、ああいう展開にならなかった」と奥川を攻略できなかった打線に苦言を呈した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月21日のニュース