楽天の新外国人・カスティーヨが1軍に再合流 4月の来日初打席で痛めた左脇腹が完治

[ 2021年6月21日 15:45 ]

1軍に再合流して練習する楽天・カスティーヨ
Photo By スポニチ

 左脇腹を痛めて離脱していた楽天の新外国人のルスネイ・カスティーヨ外野手(33)が21日、1軍に再合流した。キューバ出身の右の強打者は4月23日の西武戦(楽天生命パーク)でデビューしたものの、来日初打席で左腹斜筋を損傷して出場選手登録を外れた。

 2軍でリハビリを続け、6月10日のイースタン・リーグの日本ハム戦から実戦に復帰した。2軍戦の打撃成績は打率・383、10打点。守備もこなしてフル出場できるまでに回復し、石井監督は「患部の治り具合も含めて、きょうから(1軍合流)でいいかな」とゴーサインを出した。

 チームは11日の阪神戦から5連敗。20日のオリックス戦では今季3度目の零封負けを喫した。パ・リーグは首位から5位までが3ゲーム以内にひしめく大混戦。前半戦の踏ん張りどころを迎えており、得点力不足に悩む「犬鷲打線」の起爆剤になれるか注目だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月21日のニュース