大谷の3戦連発&23号“キング弾”にネット「漫画の世界の上」「神がかり」「どうにも止まらない」

[ 2021年6月21日 09:21 ]

ア・リーグ   エンゼルス3―5タイガース ( 2021年6月20日    アナハイム )

<エンゼルス・タイガース>5回1死二塁から中越え23号2ランを放つエンゼルス・大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は20日(日本時間21日)、本拠地アナハイムでのタイガース戦に「2番・DH」でスタメン出場。第3打席に3試合連続本塁打で両リーグトップタイとなる中越え23号2ランを放つなどし4打数1安打2打点、打率は・272となった。チームは延長10回の激闘の末に3―5で敗れ、連勝は3でストップ、勝率は5割に逆戻りした。

 5回1死二塁の第3打席、1ボール2ストライクから外角低めの変化球を完ぺきに捉えて同点の中越え23号2ラン。打球速度は104マイル(約167キロ)、飛距離は414フィート(約126メートル)、打球角度は23度。前日19日(同20日)の同カードの3回に左越え22号2ランを放ったのに続く3試合連続弾で、本塁打争いで両リーグトップのブルージェイズ・ゲレロの23本に並んだ。3戦連発は、5月16日(同17日)のレッドソックス戦、同17、18日(同18、19日)のインディアンス戦以来でメジャー4度目、23本塁打は、渡米1年目の2018年に記録した22本塁打を上回る自身最多本塁打数となった。

 この活躍にインターネット上では「もう完全に漫画の世界の上を行ってしまってるね」「どんなスポーツをやってても超一流になったに違いない」「まさに神がかりですな、どうにも止まらない」「すごいの一言」などの声が上がっている。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月21日のニュース