阪神・秋山 今季巨人戦3戦3敗 松原に痛恨2ラン被弾 矢野監督「勝負だし仕方ない」

[ 2021年6月21日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1ー2巨人 ( 2021年6月20日    甲子園 )

<神・巨>6回1死一塁、松原に先制2ランを打たれた秋山(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・秋山は1球に泣いた。右翼席へ飛び込む松原の打球を渋い顔で見送った。6回1死一塁からの81球目は135キロの直球。投げた球に悔いはないが、結果には後悔が残った。

 「先制点を与えて、リードされている状況でマウンドを降りてしまったのが悔しい」

 気持ちは入っていた。リーグ戦再開の巨人戦を任され、しっかりと準備を重ねた。「真っすぐ少し散らばっていたのを、うまく利用して試合をつくることはできた」。最速140キロでも3回までは完全。5回まで二塁も踏ませていなかった。走者を背負った3度目の状況で暗転した。いずれも高橋との投げ合いで巨人戦は3戦3敗。自身の連勝は4で止まり、ハーラートップタイの7勝目も逃した。

 矢野監督は「内容は良かった。ホームランは避けたかったけど、勝負だし仕方ない」と評価した。それだけに勝ちたかった。チームが目指すゴールのためにも、巨人に勝つ。秋山は強くリベンジを誓った。(鈴木 光)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月21日のニュース