阪神・矢野監督 巨人・原監督の奇策に対抗!1点差の9回1死1塁から代走・植田の二盗「彼なら当たり前」

[ 2021年6月21日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1ー2巨人 ( 2021年6月20日    甲子園 )

<神・巨>9回1死一塁、代走・植田は二盗を決める(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 なりふり構わず「奇策」を繰り出してきた巨人・原監督に「矢野流」で対抗した。勝利には届かなかったものの、阪神・矢野監督は打てる手は尽くし、宿敵をあと一歩まで追い詰めた。

 「そこは相手のやることなんでね。こちらには関係ないというか。全員で点を取っていくというのには変わりはないんで。それは相手側のこと」

 1―2の7回2死二、三塁の一打逆転の場面で、北條へのカウントが2―2になったところで原監督は投手を高梨から鍵谷に代えてきた。異例の交代後、北條は鍵谷の初球を空振りして三振。結果的に相手の策がはまった形になったが、指揮官は意に介さなかった。

 逆に今季の阪神の象徴する手を繰り出したのが、1点差のまま迎えた9回だ。1死から梅野がビエイラの剛速球を見極めて四球で出塁すると、すぐさま代走・植田をコール。続く糸井の2球目で当然のように二盗を成功させた。けん制やクイックが決して得意ではない助っ人右腕が相手とはいえ、絶対にアウトになれない場面。それでも、矢野タイガースにとってはもはや「奇策」とも「大胆策」とすら言えない作戦となっている。

 「あそこの(植田)海の走塁というのは、彼なら当たり前というそれぐらいの選手なので。またこれからも走って、どんどん思い切ってやってもらえたらと思います」

 糸井、近本が連続三振でゲームセットとなっても、最後まで油断できない怖さを印象づけたはずだ。

 原監督は0―0の6回無死一塁でも、好投の高橋に「ピンチバンター」の香月を送るなど、どんどん動いてきた。6月とはいえ、歴戦の将らしく危機感を察知している気配だ。ただ、1勝2敗で負け越しても、まだ6ゲーム差。宿敵の仕掛けをどっしりと受け止め、自分たちの野球を貫けばいい。(山添 晴治)

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月21日のニュース