知りたかった「勝負手の理由」 阪神・矢野監督は、なぜ中野に代打・北條を送ったのか

[ 2021年6月21日 08:00 ]

セ・リーグ   阪神1ー2巨人 ( 2021年6月20日    甲子園 )

<神・巨>7回2死二、三塁、阪神・北條は空振り三振に倒れる(投手・鍵谷)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 【畑野理之 理論】矢野燿大監督のコメントに注目した。作戦面のことなので明かせないこと、説明しにくいのは承知だが、理由を聞きたかった。1―2の7回、2死一、二塁で中野拓夢に代打・北條史也を送ったシーンだ。

 矢野監督「高梨という左投手に対してね、左打者がかなり苦しいんで、ちょっと分が悪いところなんで、ジョー(北條)で勝負にいったというところです」

 【状況】

 6回に佐藤輝明の18号ソロが出て1点差に迫り、甲子園は反撃ムードだった。7回は代わった高梨雄平が1死から梅野隆太郎に四球、2死後に近本光司にも死球で制球に苦しんでいた。一気に追いつき、勝ち越しまで狙う勝負どころだった。

 【データ】

 中野は右投手に116打数33安打の打率・284。左投手にはこの日の高橋優貴からの3打数1安打を入れて60打数18安打の打率・300。決して左投手を苦にしていたわけではなく、むしろ数字的には上回っている。

 ただ、サイド左腕の高梨の側から見れば、左打者には今季40打数で4安打しか許しておらず被打率は・100。逆に右打者には21打数9安打で、同・429。ちなみに中野と高梨は過去に対戦無し。北條は高梨に昨年2度対戦して無安打。北條は2日のオリックス戦で難敵・宮城大弥から3打数2安打するなど起用したい材料はあった。

 【決着】

 3球目が暴投となり走者が進んで2、3塁。4球目がストライクでカウント2―2となったところで巨人・原辰徳監督は投手を右の鍵谷陽平にスイッチ。北條は代わった1球目の外角スライダーを空振り三振だった。ベンチには代打要員として糸井嘉男が残っていたが、右の原口文仁はこの回1死からすでに代打出場していた(左飛)。

  ☆  ☆  ☆

 中野に代打は確かにショッキングで、え~、本当に?? 中野はそんなに左投手は苦手じゃないはず…とすぐに思った。しかも北條が三振で結果も不発。ファンが「なぜ?」と思うのは当然で仕方がない。

 しかし、そのまま中野が打席に立っていても追いつけなかったかもしれないので、ここでは代打策の是非を考えるつもりはない。選手起用や作戦は監督の専権事項なので外部がとやかく言うことではないと思っている。ただ、何でなんだろうと、矢野監督が勝負手に選んだ理由を知りたかった。

 その答えは、左打者が高梨から安打するのは難しいという判断。それをそのまま報じたかった。=敬称略 
 (専門委員)

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月21日のニュース