5月月間MVPは阪神・スアレス&佐藤輝、ソフトB・マルティネス&オリックス・吉田正

[ 2021年6月10日 05:30 ]

5月度月間MVP賞を受賞し会見するマルティネス(球団提供)
Photo By 提供写真

 セ、パ両リーグは9日、5月の「大樹生命月間MVP賞」を発表した。セの投手部門は阪神のロベルト・スアレス投手(30)、打者部門は佐藤輝明内野手(22)がともに初受賞。パの投手部門はソフトバンクのニック・マルティネス投手(30)が初、打者部門はオリックス・吉田正尚外野手(27)が4度目の受賞となった。受賞者には大樹生命保険株式会社から賞金30万円などが贈られる。

 ▼ソフトバンク・マルティネス とても光栄。いいリードをしてくれた甲斐、打ってくれた打線と守ってくれたチームメートに感謝したい。

 ▼オリックス・吉田正 素直にうれしいです。チームを勢い付けられるようにやってきたい。

 ▼阪神・スアレス セーブ機会をものにできた。それが一番、チームに貢献できること。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月10日のニュース