楽天6連勝でストップし交流戦首位陥落 則本6回4失点「打たれたら何もない」

[ 2021年6月10日 05:30 ]

交流戦   楽天3―7中日 ( 2021年6月9日    楽天生命 )

<楽・中>力投する則本昂(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天は連勝が6で止まり、交流戦首位から陥落した。先発・則本昂はバットを計5本もへし折るほど球に力があったが、6回9安打4失点。試合中盤に失点を重ねて相手に主導権を握られ、降板後は「打たれたら何もない」とコメントした。

 球団記録に並ぶ7連勝を逃したが、石井監督は「やるべきことをやっていればそのうち実になるので、一丸となって戦っていく」と前を向いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月10日のニュース