【隠しマイク】DeNA・三浦監督「昨日聞かれると思っていた」

[ 2021年6月10日 05:45 ]

<西・D>初回1死三塁 2ランを放ったオースティン(左)、三走・佐野(右)を出迎える三浦監督(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 ◎メットライフドームでの西武戦。DeNA・三浦監督は現役時代の05年交流戦でカブレラに左中間の天井直撃の180メートル弾を打たれた思い出を聞かれ「本当にあそこまで飛んでいた。まだ飛んでいく感じがしたよ」と言った後「(西武戦初戦の)昨日聞かれると思っていた」。コメントを用意して待っていてくれたとは…。

 ◎日本ハム・栗山監督は前日の阪神戦で藤浪の投球が168キロと球場表示されたことに「まさか、そんなに出ないよなと思って(打撃コーチの高橋)信二に“今、168って出た?”って聞いたら、“バカ言ってんじゃないですよ、監督”って。そうだよなと思っていたら、新聞を見たら(誤表示ながら168キロと)出ていた」。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月10日のニュース