×

ヤクルト・村上が貫録の朗希打ち 会心18号で11球団制覇 「振り負けないようにコンパクトに」

[ 2021年6月10日 18:13 ]

交流戦   ヤクルトーロッテ ( 2021年6月10日    ZOZOマリン )

<交流戦 ロ・ヤ3>2回無死、村上は右越えソロを放つ(投手・佐々木朗)(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは2回、先頭の村上が右中間席にリーグトップの18号ソロをたたき込んだ。

 1―1から内角に来た151キロ直球をフルスイング。「打ったのはストレート。ストレートに力がある投手なので振り負けないようにコンパクトに打ちにいきました。先制することが出来て良かったです」。完璧にとらえ、佐々木朗にプロ被弾を食らわせた。村上はこれで所属するヤクルト以外の11球団から本塁打を放ったことになる。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年6月10日のニュース