福岡大の2年生・園田が今大会初の1試合2発!「思い切り振りました」32年ぶり8強導く

[ 2021年6月10日 05:30 ]

第70回全日本大学野球選手権第3日 2回戦   福岡大5ー0共栄大 ( 2021年6月9日    東京D )

<共栄大・福岡大>4回1死一塁、2点本塁打放ち、笑顔でダイヤモンドを回る福岡大・園田(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 福岡大の2年生・園田が、今大会初の個人1試合2発と大暴れした。2点リードの4回に右越え2ラン、8回にも右越えソロを放ち、チームを32年ぶりの8強に導いた。

 「先輩から“小さく縮こまって振るな”と言われているから2本とも思い切り振りました」。10日は初の4強進出をかけ、国学院大と対戦。園田は「今大会で引退する4年生と一日でも長く野球がしたい」と力強く語った。

 ▼共栄大新井崇久監督(3被弾などで敗退)福岡大は強力打線と分かっていたが、長打で点を取られてしまった。力不足です。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月10日のニュース