オリックス・宗 自己最多タイの決勝5号 初回いきなりサンチェス撃ち

[ 2021年6月10日 05:30 ]

交流戦   オリックス3-1巨人 ( 2021年6月9日    京セラD )

<オ・巨(2)> 初回1死、先制の本塁打を放ち、ガッツポーズをするオリックス・宗 (撮影・平嶋 理子)                        
Photo By スポニチ

 オリックス・宗が18年の自己最多に並ぶ決勝5号を放った。

 初回1死一塁でサンチェスの初球カットボールを右翼席へ。16試合連続安打へ伸ばし、「本塁打は意識していないので。僕の場合は結果が本塁打になるだけです、うれしいですけど。毎試合ヒットを積み重ねていけたら」と力を込めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月10日のニュース